中国蘇州へ食べ歩きの旅

上海蟹の産地は上海の隣にある蘇州と言う所なので行ってみたものの、10月~が食べる時期だと言う事を知り食べる事が出来ませんでしたが、ここまで来て引き返す訳にもいかず、本場中国の中華料理を堪能する事にしました。

インタビューへ

中国蘇州へ食べ歩きの旅

中国蘇州へ食べ歩きの旅

食の宝庫である中国。
様々な料理がある中、個人的に大好物なのが「上海蟹」。
本場で食べる「上海蟹」ってどんな味なのでしょうか?

思い立ったら吉日。

上海蟹で有名な中国の蘇州へ旅に出てしまいました。

ところが・・・・。

上海蟹は、10月が食べごろであり、今の季節(9月)は次期早々だったようで・・・。
なんともまぬけな旅行になってしまったのです!
しかしながら、腹の虫は収まらず、ここまで来たからには中華を堪能することにしました。

東洋のベニスと呼ばれる蘇州
蘇州は東洋のベニスと呼ばれるほど湖が多く、湖畔に店舗や民家が立ち並ぶ美しい街です。
古風な風景は未だに残りながら、昨今の中国経済の発展とともに近代的な建物も増えているようです。

安心してください。洗ってますよ

安心してください。洗ってますよ!
さて、上海蟹をあきらめた私は、中華を堪能すべく、一軒の店に入りました。
普段国内で食する中華とはまた別の「地元の味」だけではなく、驚きにも出会えたのです。

まず、初めに驚かされたのは、この密閉された食器です。
さっそくFacebookへ投稿し、友人たちへクイズを出題。

「さて、この密閉された食器はなんでしょうか?」

「売り物でしょ?」という回答が当然ながら多かったのですが、違います。
なんと、これは、飲食店では当たり前の食器の置き方だそうで、「この食器は綺麗ですよ。安心して使ってください。」という意味が込められているそうです。
ちなみに、このビニールを破るとお金を取られます。
気を付けましょう。

蘇州にいながら四川料理
辛い物好きな私は、蘇州にいながら四川料理にチャレンジしてみました。
後悔先に立たず。
この後出てくる写真の数々は、皆さんの想像を超えた辛さの料理ばかりです。

四川料理の水煮魚(シェイチューユ)

四川料理の水煮魚(シェイチューユ)
見るからに辛そうですが、予想を上回る辛さです。何も知らずに食べると中国山椒を噛み砕いてしまい、喉の奥まで焼けるような暑さを感じる逸品です。
底の深いこの器の中には、上の方には白身魚、下の方にはもやしが入っており、美味ながら日本では味わった事の無い辛い食べ物でした。

漬物の罠

漬物の罠
あまりにも水煮魚が辛いので、見た目で辛くなさそうな漬物の様な物で口の中を癒したいと思い、ポリポリと食べてみたのですが、「何でっ!」と思わず言ってしまうほど、激辛な野菜でした。
人も食べ物も見た目で判断しては良くないと再認識させてもらいました。

何処かで見た事のあるお菓子

何処かで見た事のあるお菓子
この日のディナーは辛さに惨敗。お腹一杯食べる事が出来なかったので、近くにあったスーパーに立ち寄り、食べ物を買って帰る事にしました。
食べ物のコーナーを物色していると、なにやらどこかで見たことがあるようなないようなお菓子が・・・。

早速、facebookにアップして、「こちらの皆様と中国で出会ったのですが、誰かに似てませんか?」とコメントをいれたら、「あ~これは○○さんと、○○さんですね」「従兄かな?」とやはり何処かで会った事のある方のようでした。

中国は油断したら楽しみを逃してしまう国なのかもしれません。

想思巻

怪しい食べ物
他にも怪しい食べ物を見つけては購入してみました。
想思巻とは、紙を巻いて棒状にした食べ物で、食べた感想も、紙です。

五香鹿肉

五香鹿肉と書かれた食べ物は、真っ赤な朱肉の様な液体に浸かったこれまた真っ赤な肉が入っており、食べるのに勇気が要る物でしたが、こちらは日本人の口には合わない香辛料が使われている様で、一口しか食べる事は出来ませんでした。

辣猪排

次に辣猪排と書かれた食べ物。文字からすると豚肉を揚げた物だとは思うのですが、パっと見はドッグフードで中身は何も入っていない不思議な食べ物です。駄菓子屋さんを思い出す味でした。

雪華

こちらは、シモウと言う中国のビールです。このビールは、大瓶で何故か500mlのコーラよりも安い!

蘇州への旅は、上海蟹を食べられず、辛さに参り、謎の食べ物と遭遇し。
散々と思われるかもしれませんが、こういった冒険が後々の旅の思い出として、周囲の仲間の笑いに変えていけるので、ある意味満足でした。

中国はWiFi環境が少なく、地元の人が来店するようなレストランから日本の友人とコミュニケーションをとるにはTAKTのようなグローバルSIMが便利です。
今回は2泊3日の旅だったので、通信費は2,000円以内で十分でしたね。

2015年9月~実施したトライアルモニター様のインタビューとなります。

渡航先
中国の蘇州
滞在日数
3日間
渡航目的
食べ歩き観光
最も使った通話・通信内容
Facebookへの投稿。食べ歩いたものを感想とともに全部アップロードしていきました。
利用金額
2,000円チャージで十分足りました
海外旅行向けのお勧めアプリ
インスタグラムなどのカメラアプリでより美味しそうな写真が撮れます。
次は何処の国に行きますか?または、行きたいですか?
タイなんていいですね。
通常利用機種/キャリア
STARQ

約200か国以上をカバー
海外渡航時の通話・通信費を格段に安くするグローバルSIM TAKT(タクト)

TAKT(タクト)は海外渡航時の通話・通信費を格段に安くするグローバルSIMカードです。

観光からビジネストリップまで、毎回の海外渡航で感じる通信環境の不便さが一挙に解消し、通話・通信費を気にすることなく、国内と変わらないリズミカルで快適な旅をご提供します。

TAKT Members
TAKT Membersは、グローバルSIM「TAKT」をご利用の方専用のサービスです。

TAKT Membersへ登録することで、通話料・データ通信料の変更があった際の速報や、各種キャンペーン情報などを受け取ることができます。 この機会に是非ご登録ください。

登録はこちらから

ページ先頭に戻る