ダウンロード

公開

海外渡航者の通信サービス利用実態レポートダウンロード(無料)

海外渡航者の通信サービスにおける利用内容や費用面などを調査しました。海外渡航時におけるネット利用は重視され、通信だけではなく通話も含めた利用が行われています。そこで問題となる通信費用は、最大の課題と言えるでしょう。

海外渡航者の通信サービス利用実態レポートダウンロード(無料)
  1. 海外渡航者数の推移
    日本⇒海外の渡航者数は1,700-1,800万人台
  2. 滞在期間・年代の渡航者構成
    短期滞在がほとんど。5日以内 57%、1ヶ月以内 91%。年代区分で大きな偏りなし。20-50代 73%。
  3. 海外通信サービスに関する独自調査
    1. 海外渡航時の利用通信サービス
      海外渡航中の通信サービス利用は、契約中携帯電話の国際サービスが59%、渡航前にWiFiルータレンタルが23%。
    2. 海外渡航時の携帯電話利用状況
      67%が音声通話を利用。WiFiルータだけではニーズを満たせていない。
    3. 契約中の通信会社の海外での使用について
      音声・データ利用において通信料金が最大の障壁。低価格で必要十分な通信容量を提供することが求められている。
    4. 海外滞在期間と携帯電話利用状況
      利用しなかった理由と利用した際に高額請求が発生した費用内訳。
    5. 海外渡航時の高額請求経験者のほとんどが安価な通信サービスを求めている

関連情報

ページ先頭に戻る