Planetwayについて

Vision(代表者メッセージ)

1兆個を超える相互接続とシンギュラリティ

2020年を目処に、500億 〜1000億個のモノがインターネットで相互接続される世の中がやってきます。更に、2035年頃には、1兆個を超えるとされており、市場規模は、数百兆〜数千兆円にも昇ると予測され、人類史上最大規模になると考えています。また、 2007年頃から始まった、人間の脳の構造を模倣した、ニューラルネットワークを深層まで増やし、人間が関与せずに、機械が自身の意思で自動的に学習を進めることが可能となるDeep learning技術の普及により、AI(人工知能)の第三次ブームが到来しており、人類の生活は大きな転換期を迎えております。

1兆個を超える相互接続

それにより、多種多様なテクノロジーとそれを取り巻くビジネス環境は、激動の時代を迎えていきます。 特に、IoTとAIの普及により、それらを取り巻く環境は、結局は『明確なデータの利活用法』と『サイバーセキュリティの担保』こそが最重要であると、我々は考えています。

IoT/AIというトレンドへの明確な答えが見いだせない多くの企業をサポート

IoTというトレンドへの関わりに明確な答えが見いだせない多くの企業

一方で、多くの企業が『IoT』や『AI』そして『シンギュラリティ』などの大きなテクノロジートレンドの中で、自社がどこに位置して、どの様にエコシステムに絡んでいくか明確な答えが見いだせていない現状もあります。
我々は、既存と新規のテクノロジートレンドを読み取り、それらを事業転換する為のコーディネーターでありながら技術開発会社として、独自技術を提供していきます。グローバルに新事業を創出する為の独自プラットフォームを作っていきます。

Planetwayの役割

本社はサンノゼ、アジアパシフィックに東京、福岡、開発拠点をエストニアにおいたグローバルスタートアップです。 世界200カ国で利用可能なグローバル通信サービスを提供中。
多様な領域(IoT/AIなど)の新規事業創出に特化したプラットフォーム「avenue」を開発中です。「avenue」のコアテクノロジーであるCross-Industry Data-Access(複数業界間でのデータ連携)に特化した「avenue-cross」を展開しています。また、複数のOpenデータベースを組み合わせてデータに新たな付加価値をもたせる、独自のデータ解析エンジンの構築にも視野を入れていきます。

更に、直近では、データは、組織でなく、個人に帰属すべきであり、個人が自身の意思でデータを安全かつ自由に公開していける、世の中の到来として「インディビジュアル・データ・ドリブン・ソーシャルイノベーション」というビジョン掲げており、個人の許諾ベースで、情報を第三者に公開可能とする事で、自身と社会にとって好ましい形でデータが利活用される世界の創出を目指しています。近い将来訪れる、資本主義を超えた社会の実現を目指していきます。

我々は、グローバル通信環境、IoT、データ利活用の3つのkeywordを事業の柱として、世界規模のビジネス展開を実施していきます。

代表取締役CEO 平尾憲映

Planetwayは、既存と新規のテクノロジートレンドを読み取り、それらを事業転換する為のコーディネターであり、グローバルに新事業を創出する為の独自IoTプラットフォーム「avenue」を運営しています。

繋がったデバイスから得られたデータから多様な因果関係を生み出すデータ解析エンジン「Elixir」。

IoT向けSIMを提供し、世界共通して使える通信環境を提供。様々なデバイスへの組み込みによるIoT及びM2M事業へ活用を行います。

ページ先頭に戻る